病院

勘違いしやすい症状である鼻づまり【病院で検査して症状を明確に】

鼻や耳の調子が悪いときに

医者

新宿は、たくさんの交通網がはりめぐらされた大きな街です。新宿で耳鼻科は沢山あります。初めての耳鼻科選びで気をつけることは、いくつかありますが、事前に調べることで、よい診察を受ける結果につながります。また患者側も、体調の変化や食欲体温などをまとめてメモにしたり、伝えると、質の良い診察につながります。

詳細を読む

音が聞こえ難くなったら

相談

音の聞こえ方をサポートしてくれる補聴器を購入する際は、専門外来を設けている所など、耳鼻科で相談することがおすすめです。また、自分の聞こえ具合いに合わすよう、補聴器を「フィッティング」してもらうことも大切になります。そして使い始めましたら、耳垢などの汚れを落とすため、定期的に本体をお掃除しましょう。

詳細を読む

手軽に利用しよう

ウーマン

加齢とともに体の機能は衰えていきますが、聴こえが悪くなったと悩む人も少なくありません。そんな場合も補聴器を利用すれば聴こえをサポートしてくれますので活用も考えてみてはいかがでしょうか。購入だけではなくレンタルサービスも用意されており、より気軽に利用できるようになっています。

詳細を読む

薬や手術で治す

女の人

風邪や花粉症と勘違い

風邪と花粉症とで共通する症状として、鼻づまりとくしゃみがあるかもしれません。どちらもウィルスや花粉を体から排出しようとするために起こります。ですから、それらの症状があると、まだ治っていないと勘違いすることがあります。鼻づまりになる病気としては、それ以外にもあります。よくあるのが副鼻腔炎です。鼻の奥にある副鼻腔に細菌などが入ることによって炎症を起こします。すると鼻水が止まらなくなって、風邪や花粉症のような状態が続きます。風邪などではないので、簡単に治りません。最も良いのは、早めに耳鼻科に行くことでしょう。そして適切な治療をしてもらうことです。非常に多くの人がかかる病気なので、長く続くときは診てもらいましょう。

原因で治療も異なる

呼吸をするのは通常は口ではなく鼻で行います。鼻には毛や粘膜などがあり、ウィルスなどが入りにくくなっています。ただ、いざウィルスや細菌などが付くと、炎症を起こしてしまうことがあります。鼻づまりになる原因の病気として、風邪やインフルエンザ、花粉症などがあります。風邪やインフルエンザの場合、その病気が治まれば自然に鼻づまりも治まります。花粉症となると、点鼻液などを使うこともありますが、効果的な治療方法として手術を行う方法があります。炎症を起こしている部分を焼くことで、炎症を抑えられる場合があります。どれもまずは耳鼻科で診察を受けることになります。市販薬などは自分でも選べますが、手術は耳鼻科のある病院でないとできません。